人生何を成したかよりどう生きるか

内村鑑三 著 佐藤優 解説

文響社

定価(本体1,450円)+税

経営者お勧め度:⭐️⭐️

目鱗度:⭐️

コスパ度:⭐️

現代の地の巨人、佐藤優氏による100年前の同じプロテスタントの先達である内村鑑三の伝説の講義の解説本です。本書は、激動の時代、希望の見えない時代、将来が不安な時代、息苦しく生きづらい時代に、自分は決して恵まれているとはいえない状況にあると思っている人たちに向けて、どう生きて行けばいいのかを示しています。大きな活字でかつ文章も佐藤氏の知力によって分かりやすく表現されています。これから社会の荒波に漕ぎ出す前の中学生や高校生向けの図書かも知れません。

関連記事

  1. 東京裏返し 社会学的街歩きガイド 

  2. 現代経済学の直観的方法

  3. 最強の人生指南書 佐藤一斎「言志四録」を読む

  4. 2030年 すべてが加速する世界に備えよ

  5. 自分の頭で考える日本の論点

  6. 世界最高峰の経営教室