自分の頭で考える日本の論点

出口治明著

幻冬社新書

定価:(本体1,100円+税)

経営者お勧め度:⭐️

目鱗度:⭐️⭐️

コスパ度:⭐️⭐️

ライフネット生命創業者で、現立命館アジア太平洋大学(APU)学長である出口治明氏による今の日本の課題を論じた本です。立命館アジア太平洋大学は、九州の別府にあり、海外からの留学生が50%を占めている国際色豊かで多様な価値観を認めている大学です。出口氏はこれまで世の中に多くの著書を出してこられました。その博識ぶりもさることながら、読むものに知識と思考力を与える力は天下一品だと思われます。今回、俎上に挙げられた22の論点のうち、一部を紹介させて頂きます。6.安楽死を認めるべきか 7.日本社会のLGBTQへの対応は十分か 8.ネット言論は規制すべきか 9.少子化は問題か 10.日本は移民・難民をもっと受け入れるべきか 11.日本はこのままアメリカの「核の傘」の下にいていいのか 12.人間の仕事はAIに奪われるのか 18.日本の大学教育は世界で通用しないのか 19.公的年金保険は破綻するのか 20.財政赤字は解消すべきか 21.民主主義は優れた制度か

                     

関連記事

  1. 人生何を成したかよりどう生きるか

  2. 世界最高峰の経営教室

  3. コーポレート・トランスフォーメーション 日本の会社をつくり変える

  4. 東京裏返し 社会学的街歩きガイド 

  5. 千日回峰修行ならぬ千日回本修行始めます。

  6. 現代経済学の直観的方法