スタンフォード式 お金と人材が集まる仕事術

西野精治著

文春新書

定価:本体880円+税

経営者お勧め度:⭐️

目鱗度:⭐️⭐️⭐️

コスパ度:⭐️

アメリカ、シリコンバレーにあるスタンフォード大学で、30年以上のキャリアを積み、現在同大学の医学部精神科教授と睡眠生体リズム研究所所長の西野精治氏による著本。同大学が何故近年多くのノーベル賞受賞者や著名な経営者を輩出してきたかが理解できます。アングロサクソンの合理主義、個人主義と、日本人独特のしがらみ、権威主義、目立つことを嫌う集団主義との差異に目を見張るとともに、日本の大学が何故国際ランキングの上位にいないか(東京大学が最高で36位)がよく分かります。日本の教育はこのままでいいか考えさせられる本でもあります。

関連記事

  1. 東京裏返し 社会学的街歩きガイド 

  2. 陰謀の日本中世史

  3. 両利きの経営 「二兎を追う戦略が未来を切り拓く」

  4. コーポレート・トランスフォーメーション 日本の会社をつくり変える

  5. 新しい世界 世界の賢人16人が語る未来

  6. 現代経済学の直観的方法