最強の人生指南書 佐藤一斎「言志四録」を読む

齋藤 孝 著

祥伝社新書

定価:本体780円+税

経営者お勧め度:⭐️⭐️⭐️

目鱗度:⭐️

コスパ度:⭐️⭐️

佐藤一斎は、我が故郷岐阜県は岩村藩出身の幕末の儒学者。江戸の上ってからは最終的に幕府の最高学府「昌平黌(しょうへいこう)」の学長を務めました。幕府側の人間でありながら、西郷隆盛をはじめとした維新政府側にも数多くの信奉者を有しており、多くの明治維新の志士は、佐藤一斎の薫陶を得ていると言えます。人間としてのあるべき姿を追求した「言志四録」は、現在でも多くの経営者の支持を得ており、日本のドラッガーといったところでしょうか。実は当職の座右の銘も佐藤一斎の名言です。「一灯を提げて暗夜をゆく。暗夜を憂うなかれ。ただ一灯を頼め」この名言に助けられて、これまでやってきましたが、全てのプロフェッショナルに通じている真実だと思います。

関連記事

  1. コーポレート・トランスフォーメーション 日本の会社をつくり変える

  2. 千日回峰修行ならぬ千日回本修行始めます。

  3. MMT 現代貨幣理論とは何か

  4. 自分の頭で考える日本の論点

  5. 世界最高峰の経営教室

  6. 両利きの経営 「二兎を追う戦略が未来を切り拓く」