MMT 現代貨幣理論とは何か

井上智洋著

講談社選書メチエ

定価:本体1,350円(税別)

経営者お勧め度:⭐️⭐️⭐️

目鱗度:⭐️⭐️

コスパ度:⭐️

「貨幣を自国で印刷できる国は、財政破綻することはない。」新型コロナ対策で国の大規模な財政出動がなされる中、今一度MMT理論(Modern Monetary Theory)を説明した当書を読み返してみました。これまでの経済学の主流派から異端児扱いされるMMT派。冒頭のセンテンスだけが印象に残っていましたが、実はMMT派の主張は次の3つの要素で構成されていることが確認できました。1)財政的な予算制約はない。2)金融政策は有効でない。3)雇用保障プラグラムを導入すべし。「金融政策は有効でない。」と言われれば、世界中のケインズの流れを汲む経済学者は猛反発するのは必然です。賛否両論のMMT理論ですが、その成否は今後の歴史が証明するしかないのでしょうか。

関連記事

  1. スタンフォード式 お金と人材が集まる仕事術

  2. 両利きの経営 「二兎を追う戦略が未来を切り拓く」

  3. 2030年 すべてが加速する世界に備えよ

  4. 新しい世界 世界の賢人16人が語る未来

  5. 最強の人生指南書 佐藤一斎「言志四録」を読む

  6. 東京裏返し 社会学的街歩きガイド